おすすめはどれ?最新の炊飯器を4種類ご紹介!!

こんばんは!うまたつです。最近、ずーっと炊飯器が欲しくて色々なメーカーの炊飯器を調べています。まだまだ悩んでいるのですが、ようやく絞り込めてきましたので、私が選んだ炊飯器をご紹介したいと思います。

▶一人暮らしや学生におすすめ!【アイリスオーヤマ 炊飯器 IH 3合 銘柄量り炊き 米屋の旨み RC-IA30-B】

こちらはテレビなどでもよく取り上げられていて今かなりアツい炊飯器だと思います。3合炊きの炊飯器なのですが何が優れているかというと、失敗しないという点です。3合以内のお米ならカップで計らず適当に炊飯釜の中に入れると、必要な水の量がデジタル表示されるのです。そして、水を入れていくと表示が徐々にゼロに近づき、ぴったりの量になるとゼロに表示されます。これはかなり便利ですよね。さらに、IHの上に炊飯ジャーが乗っていて、取り外すとIHコンロとしても使用可能です!2wayなところもポイント高いですね。ですが、我が家は5.5合炊きを探していますので、残念ながら見送りです。

▶安定のクオリティー!主婦におすすめ!【象印 IH炊飯器 極め炊き 5.5合 ブラウン NP-VN10-TA】

炊飯器といえば象印マホービン!ですね(あくまでもうまたつの印象ですが。。。笑)。安定感のあるクオリティーで価格もお手頃ですので、すっごいこだわりなどがあるとかいう方ではない限りこちらの炊飯器で大満足だと思います。保温メニューはうるつや、高めを選択できて30時間以上の保温が可能。ご飯を炊くだけではなく、パンやケーキを焼くこともできちゃいます!内蓋を外してしっかり洗えるので、炊飯器をきれいに保つことが出来て嬉しいですね♪

▶マツコデラックスがCM中!高級炊飯器【GRAND X THE炊きたて JPX-A100-K 】

マツコデラックスがCMで紹介しているタイガーのグランエックスシリーズの炊飯器です。結構値段がするためそんな価値があるのかな?と思い、メーカーのホームページでいろいろと調べてみました。まず出てきたのはプレミアム本土鍋というフレーズ。なんのこっちゃと思い、読んでみたので要約しますと、計算された形状と厳選された土を使用して焼き上げた土鍋ということで、形状はどのメーカーでも当然計算されていると思うのであまり響かないのですが、しっかりとした土鍋でご飯が炊けるのはなかなかないので、いいですね。とても惹かれました。

▶Wおどり炊きといえばパナソニック!【パナソニック 5.5合 炊飯器 圧力IH式 Wおどり炊き ルージュブラック SR-SPX106-RK】

こちらが一番私がほしい炊飯器です。理由はたくさんあるのですが、まずは何といってもWおどり炊き。おどり炊きのイメージは勝手に考えていたのですが、お釜の中でお米が対流して渦のようにまわるという感じに考えていました。調べてみると、どうやらそのイメージでよかったようです(笑) ですが、書いてあるのは【Wおどり炊き】です。。。わからなかったので、メーカーのホームページでまたまた調べました。すると、Wおどり炊きとはどうやら対流が2種類あるおどり炊きのようです。内側へ渦巻く対流と外側へ渦巻く対流の2種類を0.04秒で切り替えてお米を炊くそうです。これによって、お米一粒一粒により均一に熱が加わりますのでムラなくご飯が炊けるんですね。

次の理由は、メニューの豊富さです。なんとお米の銘柄を41種類から選択することが出来るそうです。さらに銀シャリ10種類炊き分けというのもあり、スチーム加熱や温度を調節してお好みの炊き方ができます。すごいですよね。

まだまだ理由はあるのですが機能的な話になりますので割愛して、最後の理由としてはデザイン性です。気になっているカラーは赤色なのですが、個人的にはかなりかっこいいデザインだと思います。

▶まとめ

いかがでしたでしょうか?どれもかなり魅力的な炊飯器だと思います。そのため、お好みのビビッ!ときた炊飯器をご購入するといいですね♪ うまたつはこういう家電を調べるのが大好きで、調べると時間があっという間に過ぎてしまっています。。。笑

せっかく調べたので皆さんにもご紹介させていただきました。うまたつの趣味である家電リサーチが皆さんのお役に立てばとっても嬉しいです♪

最後に、このブログを開設してからずっとデフォルトのテーマ(デザイン)を使ってきているのですが、実は私の叔父がこのブログのヘッダー画像を作成してくれました。それがすごくクオリティが高く、かわいいのでそのヘッダー画像を取り入れられるテーマに変更しようと思っています。その時にはレイアウトなどいろいろと変わるかと思いますが、読みやすいブログを心がけていきたいと思いますので、変更した後のご意見などいただければ嬉しいです♪それでは、最後までお読みくださりありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする