仕事の効率を上げる!エクセルなどの便利なショートカットキーのご紹介。

こんばんは。今日は料理とは全く無関係の内容となりますが、個人的にとても役に立つと思うショートカットキーをご紹介したいと思います。

私はパソコンをよく使う仕事をしております。また、趣味としてもタイピング練習をしていまして、1分間に約800文字程度入力することができます。タイピングが早くなると文字入力をする作業効率は上がりますが、それだけではいろんな作業が遅くてイライラしてしまいます。。。こういったイライラを解消して作業効率をグングンアップさせたいので、色々とショートカットキーを調べたり、独学ではありますがマクロの勉強をしたりしています。そうやって色々と調べた中で、便利だと感じたものを挙げていきたいと思います。なお、私のPCはまだWindows7ですので、ご紹介する内容もWindows7対応となっておりますので、ご了承ください。

*エクセルのデータ整理に便利なセル上でのショートカットキー*

  1. Ctrl+矢印:データの途切れるセルへジャンプ
  2. Shift+矢印:セルの選択
  3. Ctrl+Shift+矢印:データの途切れるセルまでの範囲を一気に選択
  4. Ctrl+A:シート内全選択それでは、ひとつずつ説明していきましょう。

    1についてですが、割と使う場面が多いです。スクロールバーをマウスを使って、データの一番下や一番右などまで行ったことはないでしょうか?この作業を1を使うことで一瞬で行うことができます。Ctrl+↓でデータが存在する一番下のセルまで、Ctrl+→で一番右のセルまで一気にジャンプすることができます。

次に2について。ある特定の範囲のセルをコピーしたいとき、どのようにしているでしょうか?一般的にはマウスでコピーしたい範囲を選択するかと思います。これをShift+矢印を使うことで1セルずつ選択していくことができます。

3については1,2の応用になります。これを私は最もよく使います。便利で作業効率も格段にアップしました。例えばデータ数が多いときに、一番上から一番下まで選択してコピーをしたいときって結構ありますよね?それを一瞬で出来るのがこのショートカットキーです。データの一番上のセルを選択し、Ctrl+Shift+↓を押すことによって、データの存在する一番下までの範囲を選択することができます。ここでCtrl+Cを押すことで一気にコピーができちゃいますね。

最後に4についてですが、これは先ほど記述した通りの内容です。全セルが選択されます。

いかがでしたでしょうか?とても便利なのですが、特に3は意外と知られていないのですよね。もちろんショートカットキーはこれだけではないのですが、もっともよく使う便利なショートカットキーを紹介させていただきました。これを使えるようになるだけでも、とても作業効率が上がるかと思います。実際、私のエクセル作業効率は格段に上がりました。他にもたくさんの便利機能がパソコンにはありますので、たまに紹介していきたいと思います。

また、これはモバイルノートパソコンだけを使っている方限定になるのですが、ワイヤレスのキーボードを使うとテンキーも付いていますので日ごろの作業効率をさらに上げることが出来るかと思います。もちろん、私も使っております。

今回は料理の内容ではありませんが、こちらも私の趣味ということで時々ではありますが、こういった内容の更新もしていきたいと思います。

それでは、このくらいで。。。

いつも最後までお読みくださり、ありがとうございます♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする