米粉を使ってグルテンフリーなお菓子を作るなら【リ・ファリーヌ】がおすすめ!

こんばんは!うまたつです!いろいろと忙しく更新がだいぶ空いてしまいました。。。これからまたどんどん更新していきたいと思います♪

そういえば、ふとした疑問だったのですが調理と料理の違いって皆さんご存知ですか?

「今日の料理はナポリタンです!」

とは言うのですが、

「今日の調理はナポリタンです!」

とは言わないですよね?でも、

「おすすめの調理器具は、藤次郎プロという包丁です。」

とは言いますが、

「おすすめの料理器具は、藤次郎プロという包丁です。」

とも言わないですよね。

とはいえ、「さて、調理開始だ。」とも「さて、料理開始だ。」だとどっちでも使います。うーん。。。日本語って難しいですね(笑) 疑問に思ったので、調べてみたところ、以下のような違いがあるらしいです。ちょっと調べただけなので、間違えていたらすみません(汗)

調理:食材を加工して、食べやすくする行為。そしてその過程の事。

料理:食材を加工して、食べやすくすること、また同時にその結果。

確かに違いがありました。先ほどの例文?(ということにします笑)で比較すると、「今日の料理はナポリタンです!」であれば、作った完成品を紹介していますが、「今日の調理はナポリタンです!」であればまだ完成してなく、ナポリタンの調理方法を教えてくれることが想像つきますね。道具に関しては、作る過程で使用するため、「調理道具」の方がしっくりくるのですね。「調理開始だ。」と「料理開始だ。」では、調理、料理どちらにも加工して食べやすくする行為というのが含まれているため、どちらを使っても違和感がないのですね。

なるほど。納得しました。簡単に言えば完成品も作っている途中のものも料理で、料理が完成するまでに具材を切ったり、煮たり焼いたりすることを調理というのですね。大変勉強になりました。料理が大好きと自負している以上、この違いを知っていても損はないですね!それにしても普段何気なく使っていた「調理」と「料理」ですが、どちらも正しい意味は知らなかったのにちゃんと使えるのは不思議ですね。

。。。おっと。

少しだけ調理と料理の違いに関して話そうと思っていたのに大分長くなっちゃいましたね。(笑)

それでは、本題に行きましょう。

皆さんご存知(じゃない方は是非以前の記事を読んでください笑)の通り、グルテンフリーにはまっている私ですが、グルテンフリーには米粉が必須です。米粉は基本的に小麦粉の代用として使うのですが、カレーのとろみをつけるのに使ったり、パンを作ったり、お菓子を作ったりできます。特にお菓子に使うのにはとっても微粒な米粉を使うとキレイでおいしくなります(私の経験談ですが)。

ですので、微粒な米粉をいろいろと探していたところお菓子屋さんなどでも使用している米粉を発見しました。それが、タイトルにてすでにご紹介させていただいた【リ・ファリーヌ】です。こちらは群馬製粉株式会社が提供している米粉なのですが、とっっっても微粒な粉なのです!これを使うとスポンジ生地やシフォンケーキなどでとてもきめの細かい仕上がりになって非常においしく作れます。無添加なのもうれしいポイントですね。

私はこの米粉を使用する前に産直で売っている米粉や、市販されている別の米粉などを使っていたのですが、リ・ファリーヌを使ってからはもう離れられなくなりました。そのくらい違いがありました。私が使ってみての感想ですが、本当におすすめできる米粉、1kg単位から購入可能ですので、是非試してみてください♪

。。。やっぱり本題より、前談のほうが長くなっちゃいましたね(笑)

それでは、今日はこの辺で失礼します!最後までお読みくださりありがとうございました♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする