たった3ステップ!簡単でおいしい!グルテンフリーの納豆パスタ

こんばんは!うまたつです。今日はめちゃくちゃ寒かったですね。もう2月も中旬なのに。。。こんな寒い中でも梅が咲いていてちょっと春を感じました。

さて、今日は妻の誕生日のお祝いに料理を作る約束をしていたので、リクエストを聞いて一番食べたいものを作ることにしました。

うまたつ「今日は、(妻)の誕生日のお祝いに何でも好きなものを作ってあげるよ。どんなものでもいいからリクエストをお願い。」

妻「・・・パスタ!」

うまたつ「・・・え?誕生日なのに?パスタ?それだけ?本当にそれがいいの?」

妻「うん!」

うまたつ「よし、わかった。じゃあせめて2種類作ろう!」

。。。こんな感じでパスタになりました。誕生日のお祝いにパスタって。。。て思う方もいらっしゃると思います(私がそうでした笑)。でも!やっぱり一番食べたいと言っているリクエストは聞いてあげたいじゃないですか。と、いうわけで今日はパスタを作りました♪もちろん、グルテンフリーです。

2種類のうち、ひとつはいつも作っているパスタなので、今回はご紹介を割愛します(今度機会がありましたら、ご紹介させていただきたいと思います♪)。

それでは、今回作った納豆パスタのご紹介をさせていただきます。

まず、今回使ったグルテンフリーのパスタはこちらです。

グルテンフリー、小麦不使用の文字がしっかり記載されています。こちらは妻がいなげやで買い物をしていた時に発見したそうです。最近いなげやではこれ以外にも無添加食品やグルテンフリー食品が多く陳列されているので、今一番お気に入りのスーパーです♪商品名は

【アルチェネロ有機グルテンフリー・スパゲッティ】

です。調べてみたところ楽天などでも売っているみたいですね!

それでは、納豆パスタの作り方をご紹介します♪

▶材料(2人前)

  • パスタ(200g)
  • 万能ねぎ(3本)
  • 納豆(2パック)
  • 卵(2コ)
  • 昆布茶(小さじ1)
  • マヨネーズ(大さじ1)
  • しょうゆ(適量)

▶作り方

  1. たっぷりのお湯にお塩を入れ、パスタを茹でる
  2. 茹でている間に、ボウルへパスタ、万能ねぎ以外の材料を入れ、しっかりと混ぜる
  3. 茹であがったパスタをしっかり水を切ってからボウルへ入れ、万能ねぎも投入して手早く混ぜる(手早く、がふわっとするコツです。ほっとくと卵が固まります)
  4. 完成。

え!?はや!と思いましたね?そうです、材料を用意してからわずか3ステップで作ることが出来るとっても簡単なパスタなんです。そして完成したパスタがこちらです。

うーん、ちょっと盛り付けが下手ですね。もっときれいに見せられるように勉強したいと思います。味はとてもおいしいです。納豆と卵で味がしっかりと絡みます。味見をしてみて薄いと感じたら、しょうゆやマヨネーズを足してみるといいかもしれないですね♪パスタ自体はグルテンフリーとは全く思えません。通常のパスタと同じような感覚でいただくことができます。【アルチェネロ有機グルテンフリー・スパゲッティ】はおすすめできるグルテンフリーパスタです。

▶納豆パスタを作る時のコツ

茹で加減はすこし長めにすることをお勧めします。納豆パスタにはアルデンテより若干茹ですぎのほうが合います。よりふわっとして、おいしく感じます。作り方でも書きましたが、アツアツのパスタをボウルへ投入して放置してしまうと、卵が入っていますので固まってしまい、食べた時にざらつきが出てきて舌触りが悪くなってしまいます。ですので、ボウルへ投入してからは手早く混ぜるようにしてください。この感覚はカルボナーラと似ているかもしれませんね。

▶まとめ

今回は、グルテンフリーのパスタを使った納豆パスタの作り方をご紹介させていただきました。材料を最初に準備してしまえば、たった3ステップで作れますので、手軽に作れますよね。とっても簡単に作れて非常においしいのでぜひ作ってみてください♪

それでは、最後までお読みくださりありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ヒロリン より:

    またまた遊びに来ちゃいました!
    ハマっています(笑

    すごい!

    納豆パスタ!

    ( ..)φメモメモ

    うまたつさんの、ブログで、レパートリー広がりそうで嬉しくなってきました♪