料理が苦手でも簡単に作れるおしゃれな料理。それがアクアパッツァ。

こんばんは。もう日曜日が終わっちゃいますね。せっかくの休日なので、なにか料理を作ろうと思い、角上魚類という新潟の寺泊直送の魚を売っているスーパーへ行ってきました。私は東京に住んでいるのですが、角上魚類は結構いろんなところにあり、出先の近くにあるとよく寄っています。

お店について一目散に向かったのは鮮魚コーナー。沢山の魚が並んでおり、どれにしようか悩みます。ふと見るとお刺身にもできるイトヨリダイがありました。我家の最近の流行りなのですが、鯛やイトヨリダイなどをつかって、浅く酢じめしたものをキュウリと一緒に白ゴマをかけてしょっちゅう食べています。これは私の父親直伝の料理なのですが、最っ高においしいです。そんなわけで、今回も買っちゃいました。すでに酢しめして冷蔵庫で冷やし中です。(笑)

と、まぁ私の日常はこの辺にして。。。本題に入りましょう。アクアパッツァですね。

いやいや、まて。アクアパッツァってなんだ?って方もいらっしゃるかと思います。アクアパッツァとは魚介類や貝類をトマトやオリーブオイルなどと一緒に煮込んだイタリア料理のことです。

とってもおいしくておしゃれに見えるのに、簡単に作れるんです!

作り方を説明いたします。分量などは適当なので、参考程度にしてください。

●必要な材料

  • 鯛の切り身(4切れ)
  • あさり(スーパーでよく売っている一パック)
  • ミニトマト(一パック)
  • ニンニク(4かけ)
  • オリーブオイル(フライパンにまんべんなく浸るくらい)
  • 白ワイン(我が家では日本酒を使用)
  • バジル(乾燥で可)
  • 塩、こしょう(少々)

●作り方

  1. フライパンにオリーブオイルとにんにくをつぶしたものを入れる
  2. 1を中火でオリーブオイルにニンニクの香りを移すように炒める
  3. ニンニクからたくさん泡が出てきたところで鯛の切り身、あさり ミニトマト、お酒(魚が半身浸かるくらい)、塩こしょうを投入。
  4. フタをしてあさりが開くのを待つ
  5. あさりが開いたところでふたを開け、強火にする。
  6. バジルを加えてひと煮立ちさせたら、味見して味を調えて完成

と、こんな感じで手順も少なく簡単に作れるんです。そして完成した写真がこちらになります。

どうでしょうか!?結構おしゃれじゃありませんか!?私はとってもおしゃれだと思います!最初に作ったときは「おぉ、おしゃれだ。。。」と感動しました笑

料理が苦手でも手順も少なく簡単に作れますし、食卓も映えますので家に誰かを招待した時や、デートの時などにもぴったりだと思います。もしよかったらぜひ作ってみてください♪

最後まで読んでくださり、ありがとうございました♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする